• カスタム
  • 板金
  • 制作実績
  • 職人紹介
  • アクセス
  • QA
  • ブログ

BLOG-ブログ-

MENU

カテゴリー

過去ログ

K'S body worksのブログ

1950chevy? チャネリング

2016年01月04日

明けましておめでとうございます

今年始めの仕事はチャネリングです。

コノ車アメリカmadeでけちょんけちょんに改造されていてもはや何年生だかわかりませんが

多分1949~1950と思われます。2年に1度くらいのペ-スで。金沢に雪が降る頃あらわれます

モナカとともに?



前回までの仕事は6インチクくらいのチョップ、トランクパイカットセクション、トランク下のパネル2インチセクション、リアガラスライズド、1952型にされていたリアフェインダ-を1950年型に復元、テ-ルランプバンパ-に移動、4リンク化、などなど

思い出すと、作業前に疲れてしまうので忘れることにします



まずエアサス化、2インチチャネルのつもりでいるので、むしろ車高を上げるかんじでセッティング1インチでも上がりを稼いでおかないとタイアが取れなくなる可能性が高い

ついでに、なぜかフレ-ムとボデイが溶接されている部分を切断したらほとんどなくなりました

おかげで足回りはやりやすかった ・・・再度作ればよいので

 



かなり問題なのは、カマロかシェベルあたりのGMfront ワイドいっぱいです、その上670希望

ア-ムナロ-、フレ-ムナロ-の可能性を考えてみましたが、結構厳しい感じです

かなり多くの部品が必要になります、それならマス2?

エアサスmaxhighがフェインダ-をかわすわす感じではあるのでこのまま行こうか?

迷っているところです

極低車高を作るには垂直方向はもちろんですが、ハブツ-ハブが最重要になります

愛知県豊田市や名古屋で板金塗装・旧車のカスタムはケーズボディーワークスへ
◇---------------------------------
┣ ケーズボディーワークス
┃ 愛知県豊田市宝町玉泉79
┣ 電話・FAX:0565-24-9240
┃ 定休日:月曜日
http://www.ksbodyworks.com 《お問い合わせはこちら
---------------------------------◇

カテゴリー:日記

«観音クラウン    エンジン決まりました 観音クラウン   エンジンを包む»

オーナーイメージ

まずはお聞かせください

上記以外にも、基本的にどんなカスタムでもできる技術と実績があります。
オーナー様のご希望を伺った上でご要望にあった制作をさせて頂きますので、
構想の段階でも是非一度、ご相談ください。

電話0565-24-9240

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ 0565-24-9240