• カスタム
  • 板金
  • 制作実績
  • 職人紹介
  • アクセス
  • QA
  • ブログ

BLOG-ブログ-

MENU

カテゴリー

過去ログ

K'S body worksのブログ

観音クラウンフロントエアバッグインスト-ル

2015年08月31日



フロントエアバッグ スラムSS6がインスト-ルされました。

タイアは15インチ560 車高短国産旧車がはけるサイズには思えません

半径315mmあたり、扁平なら20インチのサイズです。

このポイントをスム-ズに成り立たせるためのフレ-ムスワップでした。

80フレ-ムはもともと落ちるキャパシティが大きくドロップスピンドルも安易につけられ

ディスクブレ-キとパワ-ギアボックスのおまけ付き、しかも純正精度で取付が出来ます。

高価でわりとへっぽこなUSAブランド品よりずっと良いと思います。

ここまでは大体戦略どうりなのですが、フレ-ムを替えたつけがラジサポ周辺に集約されると思われます。

LT1だし、ラジサポに入る最大寸法のラジエタ-を作るべきか試案中です。

そろそろエンジンも合わせてみようかな?

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:日記

観音クラウン フロントフレ-ム成立

2015年08月24日

フロントフレ-ムの成立です



まずストックフレ-ムをバッサリ切り落とします

今回はH鋼上でやることにしたので、車の下に鋼を置きフレ-ムと軽く溶接しておきます

簡単な冶具の役目と、地面の位置を明快にするためです。

おそろしく重くて腰痛の元になるのであまり使いたくないのですが

今回はこれくらいはしておかないと精度がだせないとおもいます。

基準にするのはライドハイトでの元ロアア-ムのボ-ルジョイントセンタ-を左右結ぶ線

車両センタ-線、キャスタ-角、

何度か測定してよさそうなら、H鋼と鉄骨でホ-ルドそれから本溶接



まあこんなかんじでしょうか?

足回り設定、エンジン搭載の順にすすめます

 

 

 

カテゴリー:日記

盆休みはナロ-です

2015年08月15日

毎年今頃から、ショップさんの作業依頼が入ってきます。

大体は12月のyokohama向けなので時間リミットがついてきます。

そうするとks bodyworksの長期プロジェクトは中断になってしまいます

はじめたばかりの観音クラウンを進めたいので

盆休みの間にナロ-フロントエンドを作ることにしました

P81400081

まず80ハイラックスから切り取ってきたフレ-ムを観音に全長をあわせます

元の第1メンバ-はバッサリ切り落とされ新規第1メンバ-を付けます

いきなり本溶接です。



 



ナロ-に入ります、ハイラlックスのハブツ-ハブは1433mm観音は1413mmその差2cm

超シャコタンでなければこのままいけますが低い走行も考えるとストックより1インチはインに入りたいので70mmのナロ-にします。

第1メンバ-と仮付け鉄骨を70mm抜いて、エンジンメンバ-をはずします





エンジンメンバ-を70mm短縮、本溶接してボルトオンして結合部をあわせながらクランプ

本溶接でナロ-フレ-ムは完成です

ついでにステアリングロッドです



これは結構ビビリます。鋳物ですし溶接断裂などしたら死にますね。

 

かなり広いカイザキをしてどろどろに溶かします、250~150Aの高速パルス

1度仕上げておいてあらかじめ入れておいた肉厚3mmくらいのパイプをかぶせ

再度溶接、ナロ-の成立です

 

フロントナロ-はロ-ライドには不可欠です。

ベアメタルソルジャ-はスラムから3~5cmのアップで交差点を曲がれると思います・・・・多分

さて観音フレ-ムへのフィッティングになります。たくさん問題でてくるだろうな~

 

 

 

カテゴリー:日記

tacoma買ってくださいよ

2015年08月03日

 

P80300051P8030006P8030007

作業依頼はニュ-ハイ、サイドマ-カ-を4ランナ-に、

リアゲ-トをタコマスワップ、テ-ル-ランプ取り付け部と周辺プレス製作

サイドプレスライン製作 ようするにtacomaベッドを作るということです。

いやな仕事です、似たような形に思えて実はぜんぜん違うスワップものは

途方もないものをつけるより実はむずかしいんです

サイドプレスも作れると思いますがベット全長に近い溶接を2回も流したら

鉄板も薄いので多分でこぼこになります。その上すでにブリスタ-状に加工されているし、

「それって、 普通タコマベッド買いませんか?長さは違うとおもいますが・・・・

大体!私はトヨタ自動車のプレス機ではありませんよ。ブツブツ、ブツブツ」

でもこのパタ-ンは「あなたなら簡単でしょ!」などとおだてられ結局やることになる

なんとかシ-トメタルは終わりましたが、やっぱり大変ですね。

 

 

カテゴリー:日記

オーナーイメージ

まずはお聞かせください

上記以外にも、基本的にどんなカスタムでもできる技術と実績があります。
オーナー様のご希望を伺った上でご要望にあった制作をさせて頂きますので、
構想の段階でも是非一度、ご相談ください。

電話0565-24-9240

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ 0565-24-9240