• カスタム
  • 板金
  • 制作実績
  • 職人紹介
  • アクセス
  • QA
  • ブログ

BLOG-ブログ-

MENU

カテゴリー

過去ログ

K'S body worksのブログ

頭脳戦から打撃戦

2014年07月21日



チョップトップを含むル-フ再構成は大きく分けて2ラウンドの戦いになります。

カットライン決め、切断、仮付けまでは頭脳戦です。

どこを切断すればいいラインになるか?確実にクランプできるか?仮付けの順番などよくよく考えて進めないと

痛い目にあいます。

 

ひとたび本付けに入ると完全に打撃戦になります。

溶接が重要と思っている人が多いと思いますが、僕の感じだと70パ-セントくらいは打撃です。

20~40ミリビードを流した瞬間オンドリ-でビ-ドを。ヒットします。当然クリ-ンヒットでないとなりません。

基本は熱収縮した分を伸ばしながら進行していきます。

時々溶接が終わった瞬間濡れ雑巾をあてて絞ることもあります。これはカンです

通称ハンマリングウェルド、この時期はきついです。

 

カテゴリー:日記

伸ばせだの、縮めろだの

2014年07月08日



mazdaでボディを伸ばすのにヒ-ヒ-言ってたら(自業自得ですが)

三重県の仲良し夫婦がやってきて屋根を5インチくらい締めといてといわれました。

バ-ベキュ-をたかったりする事情があるので喜んでやらしてもらいますが、

かなりやってますが、締めたり、伸ばしたり自在に出来たら苦労はしません、

がんばります!!

カテゴリー:日記

mazda日記 切り刻まれて捨てられて吊るされる

2014年07月07日



とても悲しいタイトルですね。

mazdaはベッドに取り掛かりました。

まずベッド内部をズタズタに切り取り、皮だけのセミの抜け殻状態

その後専用代に宙吊りの刑

 



キャビンを4インチショ-テッドしたのでベッドも4インチエクステンドしなくてはなりません

エクステンドキャブでもショ-トに近いバランスは良いがダブルキャブに近い長さは許せん!

と思い,思い切りよく切断したのですが、結果ガラス作らなくてはならないし(どっちみちチ

ョップトップですが)ベッドも伸ばさなくてはなりません。

これが結構難しい、よほどがんばらないとベアメタルは無理

がんばるしかありません!!

カテゴリー:日記

WAGONはつらい

2014年07月01日

1963マ-キュリ- コロニ-パ-クです。今まで同一フレ-ムは1956FORD,1960FORD,1964MERCをやってますが、CHEVYのクロスフレ-ムの次くらいにやりにくいフレ-ムです。その上ワゴン!ワゴンの人は室内にステップノッチが飛び出したり、フロア-が切りっぱなの状態をきらいます。マフラ-もリアバンパ-周辺までは引かないとなりません。まあ当然なんですが



フロントはスプリングのポケットが極端に小さく、入って6インチですが、

フロント軸重が極端に重く390か406が乗っている場合150PSIあたりでかろうじてあがる

状態になります。(ファイア-スト-ンのエアバッグには100PSI以上入れないでね)と書いてあります。できれば7インチのエアバッグ入れたいのですが、とても入りません

ドロップスピンドルを遣いアーム振り角を減らしポケット下に7インチのエアバッグが入る空間を確保しました。何とか入りました。



リアですが、わけのわからない写真です。小さな場所にゴチャゴチヤ押し込みました

短足のリンクは好きではないのですが、スペ-スが許してくれません。

リアシ-トを犠牲にするつもりで、一気にフロア-を切断すれば、もっといい組み方できたかな~と思いますが、それも厳しい、なんとか合わせた感じです。リアはファイア-スト-ンの9000

ギリギリ15インチ640が脱着可能のつもりです。



エアユニットはスペアアタイアのスペ-スを拡大して何とか入れ込みました。

いろいろ苦労してコンパクトに作業したのに、結局プロペラシャフトトンネルとデフ頭上はフロア-より2インチほど上昇!そりゃそうだ!!リアシ-トつくんかいな?

 

カテゴリー:日記

オーナーイメージ

まずはお聞かせください

上記以外にも、基本的にどんなカスタムでもできる技術と実績があります。
オーナー様のご希望を伺った上でご要望にあった制作をさせて頂きますので、
構想の段階でも是非一度、ご相談ください。

電話0565-24-9240

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ 0565-24-9240