• カスタム
  • 板金
  • 制作実績
  • 職人紹介
  • アクセス
  • QA
  • ブログ

BLOG-ブログ-

MENU

カテゴリー

過去ログ

K'S body worksのブログ

2011年09月12日

2011年09月12日

1956chevy 今頃穴埋め

005.JPG003.JPG
1度面出ししているのに、今頃ショルダ-のモ-ルの穴埋めです。
今まで決断できませんでした、これをとると56シボレ-のモ-ル構成を捨てることになります。
kustomをたくさん作っている僕がいうのもおかしいんですが、
ベ-スの特徴をいかせないkustomはあまりすきではありません。
シュミレ-ションでこれなら良いか?というのもあるし、時間もあまりないので決行です。

穴埋めは、簡単に見られがちです。
「色塗るついでに埋めといて」などといわれます。

kustomにとって劣悪な環境の日本では、きっちりやらないと車の寿命をちじめます。
昔あるカスタムショップのひとに
「アメリカ人はほとんどパテで埋めるからパテでいいよ」
と言われたことがあります。
僕はそれは2流の店の仕事だし、ここはカリフォルニアではない、と思いました。

表はベアメタルでもいけるように、
裏は必ずサビ処理が出来るように、2つのことを心がけています。

カテゴリー:日記

2011年09月12日

2011年09月12日

X Flame ステップノッチ

010.JPG009.JPG
59~64chevyのフレ-ムステップノッチです。
もう6台くらいやっていると思いますが、基本落ちません。
意外に思うかもしれませんが、ロ-ライダ-はタイアが小さいんです。
kustomではあまり小さいタイアはこのまれませんので、ちょっとがんばりました。
スペシャルパッケ-ジです。まず、リンクの取付ボルトは全て緩めた方がよいと思います。
xの上の又部分を10cmくらい前方に広げます。
純正フレ-ムが完全になくなる高さのノッチフレ-ムにします。
このときボデイマウント1つとスプリング受けとアブソ-バ-受けも消滅、
後で再設定するしかアリマセン。
アッパ-ア-ムの前支点を20mm上昇させ
アッパ-ア-ムを少々cノッチ
ラテラルロッドのボディ側支点を上昇させ短縮ます。
エアバッグとアブソ-バ-の再設定
ライドハイトでリンクのボルトをしめつけます。
できればテレスコノペラシャフトのほうが良いと思います
ストックの限界から120mmほどデフが上昇しました。

シャコタンバカ仕様の完成です。
がっ、リアシ-トのすわりは多分前傾します、エアバッグを固定するとタイアが多分とれません。
何もココまで落とさなくても・・・・

カテゴリー:日記

2011年09月05日

2011年09月05日

1956chevy 思わぬ苦戦

001.JPG002.JPG
思わぬ苦戦です。
あまりに暑い日だったので硬化剤をかなりすくなくした。
5日後、はがしたのですがなんかやわらかい
ステ-をつけたり表面処理しているとどんどん変形、
結局ものになりませんでした。
作り直してやっとしあがりました。
これしきの物に5日もかかってしまった。
ロッドショ-までに形になるかな~?

カテゴリー:日記

オーナーイメージ

まずはお聞かせください

上記以外にも、基本的にどんなカスタムでもできる技術と実績があります。
オーナー様のご希望を伺った上でご要望にあった制作をさせて頂きますので、
構想の段階でも是非一度、ご相談ください。

電話0565-24-9240

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ 0565-24-9240